スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しかったぜ!京都散策(*´∀`) その2

今日はいい天気!
息子はサッカー。娘は試験勉強。
オヤジは暇・・・

今日の運動
       
       距離    144.6   km
       時間    5時間9分
       アベ    28.0    km/h


さてさて、昨日の続きだが・・・
龍安寺をあとにして、北野天満宮へ!
学問の神様、菅原道真公をまつっている神社。


IMG_7965.jpg

IMG_7966.jpg

もう手遅れだけど、頭が良くなるように
お願いする(>人<;)
さらに、これから先の子供たちの事を
お願いする(>人<;)

もうお昼時・・・小腹がすいてくる・・・
少し移動して、京の生菓子「ふたば」へ
移動。
ここで豆だいふく食べる予定が・・・


IMG_7967.jpg


流石は有名店!長蛇の列・・・
待ち時間40分だそうだ(^_^;)
何やら予約が出来るらしく、時間がもったいないから
予約して移動する事にしました!

今度は、お昼ご飯だ!
中華そば「新福菜館」

IMG_7970.jpg

俳優、船越英一郎おすすめの店らしい。

京都の中華そばは、スープが濃い色をしている
らしいが・・・


IMG_7968.jpg

うはっ! 黒いぞ・・・
しかし肝心なのは味!


IMG_7969.jpg


ふむ!美味し!
味は濃い目だが、嫌な濃さではない!
どんどん進む美味さ!
近かったらリピーターになるんだが・・・

お腹も膨れて、またまた移動!

そして、龍馬ゆかりの「酢屋」へ


IMG_7972.jpg


龍馬は京において酢屋への投宿が常だったという。
幕末の酢屋の当主(酢屋嘉兵衛)が取引先の土佐藩で龍馬と知り合い、
龍馬と意気投合して酢屋の二階を提供したということです。
また、龍馬はここに「海援隊京都本部」を置いて、隊士らと
寝泊まりしていたそうな・・・

続いて、錦市場へと移動!
道幅の狭い商店街。
超混雑している・・・

IMG_7974.jpg

IMG_7976.jpg


錦市場で買い物後、移動中に見つけた
自転車屋さん。
入ってみたが、ピストメインの店だった・・・が、
ひときわ目を引いたにがこれだ!


IMG_7977.jpg


非売品だったが、めちゃくちゃ懐かしい!
童心に帰ってしまった!

その後は、またまた移動だ!

平安神宮前を通り・・・


IMG_7979.jpg


浄土真宗 本山 知念院



IMG_7980.jpg


で、坂本龍馬の墓
「京都霊山護國神社」へ!
ここの手前に結構いい坂があった(*゚▽゚*)

自転車を止めて、階段をの上り・・・

IMG_7982.jpg

ハイ!きたよ、きたよ!
龍馬の墓。

IMG_7983.jpg

IMG_7985.jpg

墓前で手を合わせ


「今の時代にあなたがいたら、もっと良い日本に
 なっていたんだろう・・・
 今の日本は、あなたのような人を必要としているん
 ですよ!残念ながらいませんが・・・」

と、報告して、お墓から見える京都の
景色を見る・・・


IMG_7986.jpg


100年前・・・いや、もっともっと前は
一体、どんな景色が広がっていたんだろう・・・

で、またまた移動です!

ゲーム「グランツーリスモ」にも出てくるらしい、
祇園、辰巳大明神前。
京都らいい風情が漂っている!


IMG_7989.jpg

IMG_7988.jpg

IMG_7990.jpg

IMG_7992.jpg

IMG_7991.jpg


はい(^-^)/ そして日は落ちて、夜の祇園!
しかし、めちゃくちゃ観光客の多いこと・・・


IMG_7996.jpg


これまた、有名店の「辻利」で抹茶ソフトクリーム
を食す!
美味し!


IMG_7995.jpg

IMG_7994.jpg


こうして、MTB京都観光は終わる・・・
暗くなった京都の道を、スタート地点の駐車場
に向かう。
自転車を車に積み込み帰路へ!

途中、パラッと雨が降ったが、天気も回復して
楽しい観光が出来た!
車や、徒歩やバスでの観光と違い、
路地を抜けたり、行き止まりにぶつかったり、
まさに自転車でないとできない観光の仕方!
本当に楽しかった!



この日の運動


      距離   60.9 km/h
      
         
実に充実した1日でした!!



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。