スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信念

プロスキーヤー・冒険家の三浦雄一郎さん



70歳、75歳と、2度のエベレスト登頂を達成した、
冒険家の三浦さん。そして今、「今度こそあきらめるだろう」
と誰もが思った中、80歳で3度目の登頂を目指し、トレーニングを重ねています。


70歳の時も、75歳の時も、ネパール側からエベレストに登りました
。3度目の挑戦は、チベット側からの景色を望みたい。
周囲はそろそろ、「勇気ある撤退を」なんて言いますが、
今はまだ前進でしょう。エベレストという女神に、
大恋愛しちゃったんですね、きっと。恋は、障害が多い方が
燃えるというじゃないですか(笑)



─なぜ、頑張り続けられるのですか?
長生きを目的にしない。私の健康法の一つでもあります。

じつは60歳の時、ゴルフや旅行、食道楽で、
腹を突き出して歩いていました。注意されても、“この年で、
今さら…”と虚しさがありました。その時、99歳でモンブラン
を滑走する父の姿に触発され、私自身も、
エベレスト登頂を目標に掲げました。“何のために長生きしたいのか”
目標を見失わない大切さを理解しました。



─挫けそうな時は、どうしたら?

焦らない、無理をしない。そして、あきらめないことですね。

私自身、元来、怠け者ですから、トレーニング中も挫ける
理由だらけですよ(笑)こんなはずじゃないとか、もう年だとか。
でも、できない理由を並べていたら、それに縛られて動けなくなる。
今、できることを一生懸命やるしかない。
無理な時は休めばいいと思います。“よし、やるぞ!”
と気持ちが高まるまで、ゆっくり気長にいることです。



─三浦さんにとって、“あきらめない”とは?
夢に年齢は関係ない。自分のペースで、前進していきます。

父が100歳の誕生日の時に、「明日はもう少しスキーが上手くなりたい」
と言ったんです。よく、“もう年だから”と言いますが、
父を見ていると違うなと。夢に年齢は関係ないと思います。
むしろ、目標があるからこそ、老い先も楽しいものになる
。三日坊主でもいい、歩みは遅くてもいい。ただの怠け者も、
限界を超えられるのです。



生涯現役はありえる。
要は、本人の信念にようるものなんだろう・・・




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。